2018年10月 - 1

KAMIJOライヴ、子の運動会、割と大事な出張、とばたばたしていたら、またもや子が発熱して保育園から呼び出しがあった。

運よくコアタイムを過ぎた時間だったのはよかった。PCと会社携帯と書類を持って帰宅。


子は二、三週間に一週は風邪をひく。そのため、平均すると一か月に一週ペースで病児シッターを呼んでいる。一か月に一回ペースではなく、一か月に一週ペースなので、もはや固定出費となりつつある。

保育園に毎月10万かかっているが、それにシッター代(病児もそれ以外も)を合わせると月20万くらいになる。国内出張が多かったり、海外出張がある月はもっといく。

必要経費なので納得して支払ってはいるが、普段の自分の金銭感覚からすると、20万円の物品購入は数年に一度するかしないか、いやほぼしないので、たまに我に返るとものすごい出費だなあと思う。

子供が高校を卒業するまでに大学の進学費用を貯める、みたいな保険の広告や、ライフプランナーによる解説記事を見かけるたび、いやその10年以上手前の保育園の時点で、既に大学進学費用と同じ規模の出費があるぞ、と思うが、そこは出産前に貯めておけということなのだろう。

まあ、保育サービスに月20万というのは、同僚や学生時代の友人たちを見ていても、このあたりで共働きだと周りも大体そんなかんじ。地方の都市部以外では最初から認可保育園に入るのが普通という地域もまだ存在しているらしいが、あまりに世界が違いすぎて半信半疑である。



今の保育園は3園目だけど、1園目は小さな無認可、2園目も小規模で2歳クラスまでの認可外だったので、運動会はなかった。

今年4月に就学前までの認可外である今の園に転園して、それで運動会というものに今回初めて行ったんだけど、結構面白かった。子はおばけのような謎のポーズをとりながら終始口をあけて全力疾走していた。