2019年5月 - 1

楽しみにしていたゴールデンウィークの10連休も、終わってみればあっという間。

他の国は通常営業なので仕事のメールは見たが、「日本の休み中は仕事をしない」という強い意志の下にそもそも会社PCを持ち帰らなかったし、数十分以上かかるような仕事は一切しなかった。お陰でただただゆったりと、ひたすらリラックスできてよかった。



10連休最初の週末は、毎週の英会話レッスンの後に友人と二人でランチ。珍しくフレンチのコースを食べた。子連れだとまだあと数年はこういう店には来られないと思うので、大人だけでお酒を飲みながら、見た目もきれいなランチをゆっくり食べられるのはとても幸せ。その後は店を変えてお茶しながらまた長々喋って夕方に帰宅。

代々木上原、普段全く行かないけれどこじんまりとしていてとってもいい街だなあと思った。職場が小田急線沿線とかにあったらこのあたりに住んでみたいなーとか思うけれど、DINKSにはよさそうだけど保育園足りなさそうだし、マンションも高そう。


翌日は、幼なじみ3人と恒例の肉会。ここ数年はそれぞれが子供を連れてくるので、ファミレスでやっている。名前は知っているものの、過去に行った記憶がないフォルクスで昼からステーキを食べたけど、結構美味しくて満足した。

肉を食べながらの会話の内容は、30代のキャリアについてがほとんど。幼稚園のときから一緒にいた友人たちとこんな話をするようになるなんて、私たちも歳をとったものだ。普段仕事ばかりしているとどうしても周りにいる人たちとは属性が偏ってくるし、大学院や学部まで遡ってもどうしてもみんな同じような業種や職種、年収レンジや生活水準や価値観の中にいることが多いので、こうやって昔から単に近所に住んでいただけの間柄で今の仕事もそこに至る経緯も価値観もバラバラな人たちと、互いの近況や困りごとをざっくばらんに話せるのはとてもいい機会だなと思う。


その翌日は歯医者へ。仕事で酸を扱っているので定期的に特殊歯科検診を受けており、いつもは「はい、酸触歯はないですねー」で終わりなのに、今回は虫歯の疑いありと言われてしまい、慌ててかかりつけの歯科に行ったら、本当に虫歯だった。ショックすぎる。

ここ数年、会社の特殊歯科検診でもかかりつけの歯医者での定期検診でも、虫歯なんて見つかったことがなくていつもクリーニングだけして終わっていた。それが今回、ほんとうに虫歯があると宣告を受け、直後に歯をガリガリ削られ、仮の詰め物を入れられる、という一連の流れに、別に大して痛くもなかったのにかなりのショックと精神的ストレスを受けた。その後、再度受診し型取りをしたけれど、ゴールデンウィーク中で歯科技工士さんもお休みだったため、未だに治療が完了していない。


連休後半に入り、中高の友人たちとランチをした。数年前までは、年に1、2回は誰かが声をかけてくれて集まっていたけれど、ここ数年は結婚したり子供を産んだ人が増えてきて忙しくなったせいもあるのか放っておくと集まれる機会がないので、連休中旅行に行くでもなくずっと暇な私が珍しく召集をかけたら、結構な人数が集まってよかった。

中高の友達たち、学部以降の友達たちほどは職種的な属性は偏っていないので色んな人生があるなあとは思うが、やっぱり基本の属性や価値観はある程度近いので、いつ会ってもあっと驚くような発見はない。だからこそ落ち着くところはあるが。もし人生相談するなら、幼なじみたちくらい自分と違うキャリアや価値観を持っている人にした方が有用そうである。

しかし中高の人たちに会うと、みんないつも小綺麗にしていて偉いなあ、とそれこそ20代の頃から毎回思っている。ちゃんと正しいところにお金をかけている感じがする、肌とか服とかね。私は全然かけていない、元が元なのでそこにお金をかけなきゃいけないんだけど。


その翌日は、前から行こう行こうと思っていたコンタクトレンズの新調に行った。まあほんとうは、普段から仕事帰りでも土日でもいくらでも行けるのだが、根っから怠惰な私は「いつでもできるからこそいつまでもやらない」というかんじなので、長い休みでもないとどうもこの手のタスクをさばいていく気になれない。

片目のコンタクトが古くて汚れてきていてそのせいで片目だけ違和感があるのだと思い、その片側だけコンタクトを新調したのだが、受診の結果両目とも結構傷が入っていると言われてムコスタ点眼液というドライアイ用目薬をもらった。が、これ、白濁というか真っ白に近い、かなりファンキーな仕様の目薬。1日に4回点眼して下さいね、コンタクトの上からでも使えますから、と言われたが、こんな真っ白い点眼液を打ったら視界がしばらくホワイトアウトするし、目の周りもマスカラも全部真っ白になるしで、とてもじゃないけれど平日の昼に使えるような代物ではない。

大塚製薬は、一体何をどう考えてこれを開発したのか。元々は胃用のものを点眼剤に転用した、みたいな説明を聞いたけれど、とにかく真っ白だし、遮光保管が必要だし、しかも上下をひっくり返さず保管する必要があるしで、かなり使いづらい。結局、昼間に打つのはほんとうに無理なので平日の帰宅後にだけ点眼している。こんなんで治るのだろうか。透明の、普通の点眼薬が欲しい。


ゴールデンウィーク最後の週末は、ネットで出会った数少ない友人と飲み。私は10代の頃からネットに自分の日記を書いてきたので、SNS全盛になる前からネットで知り合った人と会ったり飲みに行ったりすることはちょこちょこあったのだが、今回会ったのもそのうちの一人。元々はDIR EN GREYのファンサイト経由で知り合った人で、過去15年以上にわたっての互いの人生の経緯を知っているのでたまにでも会えば近況報告だけで毎回めちゃくちゃ盛り上がる。ネットで知り合った頃はお互い10代だったけれど、今は当たり前にお酒を飲めるのも嬉しい。

こういう人と偶然出会えて未だにつながっていられるなんて、公開日記をやっていてよかったなあと思う。今はSNS経由でもっと気軽に出会うんだろうけど、私は最近はTwitterもあんまり頻繁に更新していないしほとんどフォローもしていなくて、たまのライヴ直後にその感想をひたすら連投して記録しておくためだけのツールになっているので、SNS経由で今後出会いがあるかというと、たぶんこの先はもうないんだろうな。