2019年8月 - 3

KAMIJOのさいたま2daysに行ってきた。

ストーリーは未だによくわからない部分だらけだし、ルイは出てきたけどへべれけ状態で、新横浜からあまり話が進展したかんじはしなかったが、それはさておき、とにかく楽しかった。

なにが?執拗なEcstasyが。

アンコールの無限Ecstasy(Aメロで手拍子→Bメロで拳→Cメロで折り畳み→サビでジャンプ、間奏でヘドバン。音源の一曲分が終わった後も、この一連の流れを5,6回ひたすらループし続ける)、はちゃめちゃに楽しくて、終演後に「うわー楽しかったーーー!」で頭がいっぱいになった2日間だった。


Ecstasyはこのままいけば今後の定番煽り曲になりそう。

KAMIJOソロの煽り曲たち、Dying-Tableは未だにあまり好きでなく、BASTILLEは音源聴いたときはあんまりだったけどHeartツアーで聴いたら好きになった、Vampire Rock Starも音源ではそんなにというかんじだったけどSangツアーとSymphony of The Vampireツアーで聴き続けたらさすがに洗脳されて好きになった。

Ecstasyもこれらの曲と同じ位置になるのかな。これまでも、Vampire Rock Starのリピートは何度もあったけど、今回のさいたまでのエンドレスEcstasyほどのしつこいリピートはなかった気がする。

Ecstasyは、なんと言ってもあの馬鹿ノリがよい。あの下品極まりない「ハイハイハイハイ!」という馬鹿ノリコールと手拍子、リピートしていくうちに、理屈どうこうでなく血が沸いてくるかんじ。Vampire Rock Starは、KAMIJOソロ特有の上品さを保ったまま、構造によってうまく煽り曲になっているかんじたったけど、Ecstasyでは思い切って下品ノリに寄せたなという印象。

久々にレッカペを思い出した。レッカペと違って、Ecstasyでは逆ダイはないので平和ではあるが、手拍子拳折り畳みジャンプヘドバンと、とにかくやることがてんこ盛りなので忙しい。なぜ私はこんなことを…?とか考えてる暇さえ与えないようなところが、煽り曲としてはとてもよい。

ただ、まあとにかく馬鹿ノリなので、自分のテンションが低い日のライヴではついていけなくなる気がする。まあそういう日は後ろに下がって聴けばよいか。

Dying-Tableは、Symphony of The Vampireの流れでやるのはいいけど、アンコールの煽り曲としてやるのはもうそろそろいいよ、という気持ちです。上に書いたように、この曲私別にあんまり好きじゃないから。



そういえばEye of Providenceは、未だにAmazonに入荷しないので結局物販で買いました。物販で音源買ったのとか、何気に人生で初めてな気がする…昔ディルで買ったこととかあったかなあ。記憶にない。

そして、やっと買ったはいいけどまだ聴いてない。まだ毎日、オーケストラライヴCDを聴いている。DVDも買ったけど観てません。そろそろ観ようかな。

Eye of Providence

Eye of Providence

Dream Live “Symphony of The Vampire

Dream Live “Symphony of The Vampire" KAMIJO with Orchestra (通常盤) [DVD]

Dream Live “Symphony of The Vampire

Dream Live “Symphony of The Vampire" KAMIJO with Orchestra (LIVE ALBUM)

2019年8月 - 2

そういえば、7月はKAMIJOのPERSONA GRATAツアー初日@赤ブリにも行った。

ツアー初日なのと、いつもの通りパンフレットなどを全く買っていないので、ストーリーはよくわからない部分が多かったが、それでも内容は楽しめたし今後に期待が持てた。

新曲はおそらく3曲聴けた。1曲は、どことなくVersailles末期のような雰囲気を感じるものであまり好きではない。もう1曲は今や懐かしのGraziosoみたいな、オペラ調というのかミュージカル調というのかなんというのか、で結構斬新なかんじ。最後の1曲は、KAMIJOが銃を構える振りをしながら歌った、イントロからノリがいい曲だけど、全体はどんな曲だったか忘れたし歌詞も一切覚えてない。この曲は最後にいきなり銃の発砲を思わせる特効があり、全く想定していなかったのでほんっとうにびっくりした。そしてびっくりしすぎてどんな特効だったかも忘れた…火薬で爆発系?すごい迫力だった。

そういえばこの日もやったニューシングルEye of Providence、私はAmazonで注文したんだけど、発売前日に予約したらば在庫なしで入荷未定のまま、未だに受け取れていない。なのでこの日のEye of Providenceも、カップリング曲のEcstasyも全然ついていけなかった。Ecstasyはこないだの青山の3日目にも聴いたんだけどな…ほんと、耳から入った情報の記憶力が悪い。AmazonのEye of Providenceの入荷予定は8月末頃のようだ。まあ、どんなに遅くてもツアーファイナルの赤ブリまでには届くだろう。



仕事は、社内研修でいつもと違うサイトに数日間行った。

新卒で私を採用してくれた、部署のビジネスサイドの元リーダー(その後、色々ありつつ今は同じ会社の他部署のリーダーになっている)の話を聞けて、あー私やっぱりこの人すごい好きだな、と思ったりした。例えば今私が転職活動をしていたとして、面接でこの人に会ったら、私は新卒の就活のとき同様、あまり迷わずにこの人のいる会社を志望するだろう。そのくらい、私にとって魅力があり、ついていきたいと思える人。

結局、私が今の会社で仕事をしているのって、周りにこういう心からすごいと思えるリーダーや上司、同僚がたくさんいて、この人たちのいる組織で働きたいと思えるからなんだよなあ、というところに立ち返ったりした。この日のリーダーとは、ここ数年は会社が違ったり部署が違ったりで顔を合わせる機会すらほとんどなかったけれど、今回こうやってちゃんと仕事の場でしっかり話を聞けてよかった。



あとは、新色でもないのに最近急に欲しくなったトムフォードのアイカラークォードを買った。25番のプリティーベイビー。

私がアイカラークォードを複数個買っていた4年前に比べてトムフォードのカウンターは増えたようだけど、結局カウンターまで行く時間が取れずにセミセルフ店舗でパッと買ってしまった、そしたら、失敗した。

一応タッチアップをしてもらったのだが、トムフォードのカウンターでメイクしてもらったときとは技術力が全然違って、以前カウンターで試したときのような感動やときめきがなかった。色みは気に入ったので結局購入はしたんだけど、どうせ同じ買い物をするならやっぱり直営のカウンターできちんとタッチアップしてもらった上で買うべきなんだなあと反省した。次からはちゃんとカウンターに行こ。



とか下書きをためている間に、KAMIJOの夏ツアーの神奈川2daysも終わった。

楽曲とストーリーの主従関係が逆転しているように感じる部分もあるが、まあそこは鶏と卵なのでよいと思うことにする。2日間とも、単純に楽しかった。

2019年8月 - 1

先週から、休みを取りつつゆっくりペースで働いている。

ちょうど一年前にある仕事を一人で担当するようになってから、毎月毎月必ず10数時間以上は残業していたけど、先月は暑さと状況に負けて途中からペースダウンしたので、トータル数時間の残業だけで締められた。


朝は早めに出社しているので、月末にたまった残業を消そうと思うと15時には帰れる。早く会社を出て、帰りにデパートに寄って、いつも行く夜の時間帯よりは混んでいない化粧品フロアでゆっくり買い物をすることができた。

で、アンプリチュードのカウンターでベースメイクものを試して、夜まで様子を見て、よかったので数日後に買いに行った。リキッドタイプの下地と、リキッドファンデと、ルースパウダーを購入。コンシーラーもチークもすごくよかったんだけど、キリのなさを感じるので初回はひとまず基本のベースメイクもの3点に集中した。

新しいファンデのタッチアップには前々から行きたかったんだけど、なかなかまとまった時間が取れず行けていなかったので、今使っているRMKの下地が切れる前にカウンターに行けて、ちゃんとファンデの色を合わせてもらった上で一式を買えてよかった。ルースパウダーは間に合わずに切らしていたけど、数日間キャンメイクのものでしのいだ。


アンプリチュードのファンデにはほんとうに感動したので後日また本ブログに書く。肌色ではなく、肌の質感がエルサのようになるよ。まじですごいです。恐れ入った。