2020年3月 - 4

保育園から家に帰る途中に、顔見知りのおじさんがいるお店があって、客対応がないときに通りがかるとわざわざ店の外まで出てきて子と私に挨拶してくれる。

今週その人と立ち話をしていたら、急に「もなか食べる?」と言うので「食べます」と即答したところ、子にもなかを一つくれた。さらに「お母さんにも」と言うので、やったー何味にしようかなーと遠慮ゼロで選んで、お礼を言ってもう一つ受け取った。

その後もしばらくおじさんと世間話をしていたら、同じ保育園の別のクラスの子が、子の親とは違う人(親族なんだかシッターさんなんだか)と一緒に通りがかって、おじさんはその人にも「もなか、あげていいかな」と声をかけた。その人はめちゃめちゃ恐縮したものの、結局子供の分を一つ受け取ったんだけど、その後「はい、お母さんも」と言われたときには「いえいえいえいえ、もう十分です、結構でございます」と直角に近いお辞儀で断っていて、自分の分まで即座に受け取った私とは品格が違うなと思いました。

2020年3月 - 3

Versaillesが7月にニューシングルを発売することが発表された。

KAMIJOソロのニューアルバムと、HIZAKI grace projectのニューシングルと3作同時発売だそうな。Versaillesは去年末だか今年頭だかから複数回にわたってSNSで煽ってきていたので、 今年は何かあるのかなとは思っていて、6月に周年鹿鳴ライヴかなーと思ってたけど、いきなりシングルだった。意外。まあ元々は復活ライヴも予定されていたりした可能性もあるが、新型コロナウイルスの影響でライヴがことごとく延期や中止になっている状況下なので、今となってはわからない。

4月と5月に予定されていたKAMIJOの春ツアーとキネマでのライヴは、早くも延期と発表された。特に4月のツアー初日は絶対危ないだろうなと思っていて、例え開催されても少なくとも4月分は行かないつもりだったので、早めに延期発表されて、個人的にはよかったし助かる。しかもその延期先の日程がまた直近ではなくてさらに助かる。運営側は大変だろうけど…振替公演には行くよ。あと音源も買う。

しかし5月に予定されていたキネマでのライヴは、一部客も合唱するタイプのものとのことだったので、延期してもコンセプト的に余計に厳しい気がするね。内容変えるのかな。まあ普通のライヴでも、狭いライヴハウスで客がきゃーきゃー言ってかみじょーかみじょーと叫んでいたら結果は同じな気もするが…


そんなこんなで、私の次のライヴ予定は7月になりました。こんなに長期間KAMIJOを観ないのは久々、Versaillesの活休後、ソロで日本の初ライヴしたときまで約1.5年空いたとき以来じゃないかな。

あーライヴに行きたいなーと思っていたら、珍しくライヴの夢を見た。でもなぜか、実際には私が20年前にたった数回しか生で観たことがなく、ライヴやバンド自体に対しては別に一切の思い入れがないLAREINEのライヴだった。KAMIJOはあの青い衣装でフィアンサーユを歌っていて、えみるんるんもいて、私も含め客は皆90年代のあの手扇子をしていた。懐かしい。

どうでもいいけど私の夢はいつもフルカラーで、ちゃんと音声もついている、これは人によるらしいよ。あとライヴの夢を見るときは大体上手からの視点。私はVersailles以降は特に上手にこだわっていないので、これはディル時代の刷り込みなんでしょうか。不思議。

2020年3月 - 2

なんやらまた色々あって、仕事が増えてそこそこ忙しい。

人事異動に伴ってある人が捨てた仕事、これを拾う人は大変だなーと傍目で見ていたら、まさかまさかで私のところに落ちてきた。まじか。そんな方向あったのか。私、マーケでも営業でもないし、マネージャーレベルじゃないただの平社員なんですけど…びっくり。まあしかし、こうなって半分拾った後で見てみると、たしかに私がやるしかないのかなあとは思うし、ある意味納得した。ほんとうにさばけるのかはまた別。

しかもこの新しい仕事、EU向けなので時間が合わない。アジアからの参加者の方がマイノリティなので、黙っているとあちらに合わせて18時前から20時台あたりにかけて会議を設定されることが多いのだが、私にとっては保育園に迎えに行って家に連れて帰って夕飯つくってとばたばたしている時間帯なので、例え30分の電話会議でも結構厳しい。まだ21時以降の方がいいなあ、ていうかほんとは22時以降とかがいい、日本が深夜残業になっちゃうからあんまりないけど。


元々持っていた仕事のレビューも重なっており、先週今週は珍しく夜に残業してどうにかやっている。週に一日、例え数時間でも残業できると仕事の進みが全然違うなあ。いつもは早出社して早退社気味だけど、たまに夕方に残業すると、仕事をお願いしている他の同僚たちは既にラボ仕事を終えているので、私はひたすらオフィスにこもって集中してデスクワークができてよい。

会社の先輩たちみたいに、毎週決まった曜日2日くらいはシッターさんに子の迎えから寝かしつけまでを全て頼んで、自分はひたすら仕事したり、遊びに行ったり飲みに行ったりする、というのをいずれは導入すべきなのかもしれない。