2018年10月 - 5

無事にすべての仕事を終え、同僚達とディナーをして別れ、最終日だけ空港の近くのホテルに泊まった。

これは出張あるあるだが、最終日のホテルが一番質がよかったりする。出張最終日なんて、チェックインが夜遅くでチェックアウトは翌日の早朝、ホテルに着いたらほんとうに寝るだけ、食事もとらないようなことが多いので、ホテルの質などどうでもよいのだが、空港の近くでは単純にホテルの選択肢が増えるため、快適なホテルに泊まることができる。

今回も、この最終日のホテルが一番よかった。ここにずっと泊まれていたらなぁ。



そして日本へ帰る。朝のフライトのため、早朝にホテルを出て空港へ。最初はアメリカの国内線だが、とにかく私は海外慣れしておらず、勝手がよくわからないので、1時間半前に空港に着いた。

乗り継ぎ先の空港で預け荷物を一度受け取る必要があるのかないのかが非常に心配だったので、空港内の色々な場所にいる別々のスタッフに複数回聞いて確認した。結果から言うと受け取る必要はなかった。行きのときは、乗り継ぎの空港で一度預け荷物を受け取ってすぐにまた預けたんだけど、それはアメリカの入国審査が絡むからなのか?システムがよくわかってない。

出発が朝早すぎて朝食をとれていなかったので、空港の搭乗ゲート前で食事をしながらフライト待ち。国内線はあまり遅れず、ほぼ定刻通りに飛んで、そこから数時間でまた乗り継ぎ先の空港へ。

ここで出国審査があるんだと勝手に思っていたが実際にはそんな事はなく、飛行機を降りたらもうすぐに普通の搭乗ゲートが並ぶターミナルに着いたのでびっくりした。どうやら、出国審査は最初に乗った空港で終わっていたようだ。

なんか、アメリカ、入国時はきっちりしてるのに、出国時は結構適当では?そんなもんなのか。中国はどうだったかなあ、あれだけ乗ったのに、もう忘れた。


帰りの乗り継ぎには比較的時間の余裕があったので、ここで初めてお土産を買った。免税店も一応あるにはあったが特にめぼしいものはなく、化粧品も見て回ったけれど何も買わなかった。いつも使っているクリニークのマスカラは、行きの日本の空港でも、この乗り継ぎ先のアメリカの空港でも売り切れていて買えなかった。

結局、お土産には、日本でもプラザやカルディあたりで普通に買えそうな食料品と、おもちゃを買って、それで終わり。最初の空港で預け荷物を預けてしまっていたので、ここで買ったものはそのまま機内に持ち込むことになり、結構かさばった。


帰りの日本への国際線フライトは14、5時間ほどのはずが、実際には天候の関係で1時間ほど長くなった。しかし帰りの飛行機は、行きよりも広いシートだったので多少は快適に過ごせた。膝が伸ばせるって最高。

帰りの便はビジネスマンばかりで、スーツ姿で乗っている人が多かった。半日以上もあの環境下でスーツを着て狭い席で過ごせるなんて、よく訓練されているなあ…私はそんなん到底無理なので、部屋着みたいなひどい格好に、コンタクトも入れずすっぴんで乗ったよ。



ホテルを早朝に出て、家に着いたのは翌日の夜。これまで出張で行ったことのある中国や台湾と違って、USに行くのはそれなりの覚悟と体力、準備が必要なんだと、行って帰ってきてから初めてわかったのであった。

2018年10月 - 4

出張先での仕事は毎朝7時から始まり、夜は21時頃まで予定がみっちり。

しかしこちらの人達は本当に朝が早い。7時に会社に集合するためには、6時台とか、下手すると5時台に家を出ている必要があるはずだが、毎日そんな生活を続けているとは。まぁその分普段は夜の解散も早いらしく、夕方になると子供をピックアップするために一旦オフィスからいなくなったりする人も多い。朝早くから働いて、夕方以降は基本的には家族と過ごすというのがこちらのスタイルのようだ。

国際免許を持っていない私は一人で移動することができないため、出張先では常に他の誰かの車に乗せてもらって移動している。朝も昼も夜も、会社の人たちと三食一緒に食事をとる。夜の解散まで、単独行動できる機会はほぼなし。ちょっと観光に行くような時間もなし、まあ近くに観光スポットなどないけれど。常に他の誰かと一緒に行動するというのも数日続くと疲れてくるもので、私は1-on-1の合間をぬってオフィス内を一人でふらふらと徘徊して、気分転換したりしている。


お土産は全く買えていない。旅行先の土産物らしい土産物はそんなに好きではないけれど、海外のスーパーに行って物珍しい日用品や食料品などを見たりするの、私が海外慣れしていないがゆえに全てが新鮮に感じられて好きなので、今回もそういう時間をどこかの日の仕事後に一時間でも取れたらいいなぁとか思っていたが、そんな時間の余裕はなかった。中国のウォルマートも台湾のウォルマートも大好きだったので、本場アメリカのウォルマートにも行ってみたかったのだが…残念。


私の体調はといえば、US到着数日後から今度はまた違う部分の調子が悪くなり、結局同僚の車に乗せてもらって24時間営業の薬局に行って別の薬を3種も買い、それを使ってどうにかやっている。複数のアジア人の同僚に「アメリカの薬は効きすぎる、成人の想定体重が俺たちには重すぎるんじゃないか」みたいなことを言われ、錠剤を砕けるなら砕いて少なめに飲んだ方がよいなどとアドバイスされて多少びびっているが、今のところ特に効きは普通に感じられている、効きすぎてどうこうってかんじはしない。

時差ぼけは、仕事に影響が出るほどひどくはないが、やはり昼食後の13〜14時ごろに一旦ものすごく眠くなるのと、夜0時とか1時ぐらいに寝ても、3時過ぎから5時ぐらいまではすっかり目が覚めてしまいうまく二度寝ができない。睡眠不足ではあるが、出張という非日常で興奮状態にあるんだろう、どうにか回している。仕事内容が楽しいのが救い。もしつまらない内容だったら、昼食後ずっとうたた寝状態になってしまったりしそう。

しかしこれ、帰国後に気が抜けたらまた一気に体調崩しそうだなあ。積極的に休まなければ。

2018年10月 - 3

体調不良により出発を遅らせたUS出張。


朝に航空会社のカウンターに行って、航空券を購入。実際に予約が入っていなかったらどうしようと非常に不安だったが、きちんと入っていて(そりゃそうだけど)、無事に飛行機に乗ることができた。

行きのフライトは1本目がまず12時間。私はこれまで東方面はハワイまでしか行ったことがなく、こんなに長時間飛行機の中に座り続けていることなんて人生初だったので、どんなもんなのかと思っていたが、エコノミークラスの激狭なスペースで、膝も伸ばせず半日過ごすというのは結構、かなり、しんどかった。これも前日になって急にフライトを変更してしまった自分のせいでしかないので仕方がないのだが。

病み上がりの身体への負担も相当だったらしく、アメリカに着いてからまた体調が悪化。出発前まで発熱していて、点滴を打って無理矢理出てきてきているくらいなので元から体調はよくないのだが、それがたった半日、狭い椅子に座っているだけでまた悪化した。

なお、初めて乗ったアメリカの航空会社のフライトは、同僚たちが言っていたほどやばくはなく普通だったし、スタッフも皆親切だった。就寝時間の間、飛行機最後部のところに軽食や水のボトルが準備してあり、セルフサービスで取れると言うのは合理的だしすごくよい。


で、乗り継ぎ。時間に余裕があったら乗り継ぎ先の空港で薬を買いたいなぁと思っていたが、ここ10年の間にアメリカに来たことなどなくESTAも初申請だった私は、対面式の入国審査が必要でそれにものすごく時間がかかり、その後走ってターミナル内を移動することに。搭乗ゲートに着いたときには既に搭乗が始まっていて、トイレに行く時間があるのかないのか、心配になるほどだった。結果的には間に合った。

アメリカ国内線のフライト時間は数時間。たださっきまで乗っていた国際線よりも座席間隔が少し広いような気がして、やや快適だった。時間帯のせいもあるんだろうけど、ここでの方がよく眠れた。

降りてからはあらかじめ予約していた乗り合いシャトルサービスに乗って目的地のホテルへ。シャトルの運転手、途中で「ペプシ飲みたい」と言って寄り道し、コーラを買いに車から降りて店に行ってしまう。自由。


で、やっと着いたホテルにチェックインし、改めて落ち着いて考えてみるとかなり体調が悪い。しかも元々出発前に日本で感じていた部分と違う部分の体調が悪く、その症状についての薬は持ってきていない。

日本だったらすぐに近くのドラッグストアに駆け込むところだが、ここはアメリカ。調べてみると、一番近い薬局はホテルから徒歩数10分。車だったら数分もかからずに着くところだけれどあいにく私は国際免許を持っていない。Uberを頼もうと思っても数10分待たないと車が来ない、出張先はそんな場所だったので、悩む。

しかし悩んでいる間に夜になってしまうと本当に手立てがなくなってしまうので、意を決して薬局まで歩いて行くことに。地図で見るとほんとにすぐそこという感じでかなり近い、しかし実際に歩いてみると広大な土地が広がっていてものすごく遠い。しかも途中、歩道がないような部分さえある。

そんなところを数10分かけて歩きやっと薬局へ。つたなすぎる英語力で自分の症状を伝え、目的の薬を手に入れるのはそれはそれで大変だった。病気の専門用語なんて知らないもんな。そしてまた数10分かけて歩いてホテルまで帰る…。


翌日からは仕事の予定が朝から晩までいっぱいだったので、ここで頑張って薬を買いに行っておいてほんとうによかった。まあこの後、また別の症状が出て、再度薬局に行く羽目になったのだが。