2018年12月 - 4

先日、生まれて初めて電車とホームの間に物を落とした。


乗換駅で電車を降りるときに、同じ電車に乗っていて後ろから来た人に足を踏まれ、パンプスが脱げて、しかもそれがちょうど降車のタイミングだったために脱げたパンプスがそのまま電車とホームの間の隙間に落ちていった。

もちろんパンプスが脱げたことにはすぐに気がついたが、つまづいたような状態になって焦り、直後に後ろから来た人(足を踏んだ人と同一人物なのかは不明)から「あぶねーじゃねーか‼︎」と大声で怒鳴られてさらに焦り、一瞬思考停止してしまった。

我に返ってから数秒後、ホームから電車に乗ってくる人と一緒にもう一度車内に戻ってみるも、ドア付近にパンプスは落ちておらず、ああ線路に落ちたかも、とここで初めて思う。しかし電車の発車と同時にホームドアが閉まるため線路を覗き込むことができず、パンプスの行方を確認できない。


その日は運悪く雨だった。一方で、運がいいことにそこはホーム内での乗降者数がそこそこ多い乗換駅だった。あちこちに警備の人がいたため、片方しか靴を履いていない状態で濡れたホームを十数歩歩いて警備の人のところまでたどりつき、事情を説明。この時点で片足が完全に濡れる。

警備の人が駅員さんに連絡して、線路内を確認しますと言ってくれて、線路に落ちたものを拾うための、あの枝切りばさみ的な見た目の道具を出してくれた。

しかし、なんせ朝の時間帯のため、電車が3分おきくらい(体感値)でどんどん来る。そして電車の間隔が3分おきだとして、実際に線路に落ちたものを拾える時間って1分超くらい(体感値)しかない。

電車が走り去ったその瞬間に、駅員さんが鍵を使って該当のホームドアだけを開け、すぐに他の警備の人がホームの線路際にひざまずいて、線路に落ちそうな姿勢であの道具を使いパンプスを拾おうとする。しかしパンプスはホーム下の手前側に落ちたらしく、かなり拾いにくい模様。次の電車が来るぎりぎりまで粘るが、やはり無理で、撤退の合図を出して警備の人達が下がり、駅員さんがホームドアを閉め、すぐに次の電車が来る…


それを何回か繰り返し、10数分くらいかけてパンプスは拾い上げられた。最終的には駅員さんと警備の人が4人くらい集合、しかも途中から片足分のサンダルを貸してもらえて、それまでずっと片足立ちで待っていた私はとても助かった。

パンプスはもちろん汚れたが、電車に轢かれはしなかったので無事だった。こういうことがあると、大したものでない安いヒールを履いていてよかったとほんとに思う。普通に歩いててパンプス脱げたことなんてないけど、あれだけ強くふくらはぎあたりから思いっきり踏まれたらそりゃ脱げるよ。

電車の中や駅でパンプス踏まれるの、ほんとに嫌。混んでる場所では仕方ないときもあるけど、せめて一言謝れよと思う。



中目黒駅の駅スタッフの方々、朝からありがとうございました。

そして、足踏んだ人は一言謝って。あと後ろから怒鳴ってきた人はもっと落ち着いた上で、100回くらい謝ってくれ。

2018年12月 - 3

子の発熱で保育園から呼び出される。

コアタイム終了前だったため、せっかく出社していたのに惜しいところで午後Vac扱いに。まあ今年も結局有休は死ぬほど余っていて、例えこの後年末まで全日休んだところで使い切れないから別にいいのだが、なんか悔しい。


子は高熱で体調が悪いので縦になっていられず、しかし真隣に私が寝ていないと泣きながら起きてくる。一方、私は年末の最終出荷を前にした繁忙期に突然早退した分、仕事がとにかく山積みなので、真っ暗な寝室のベッドでタブレットスマホから仕事をしたり、ネットをしたりしている。

毎日のことではあるが、こういう状況だと暗闇での作業がいつもより長時間に渡るので、目が悪くなりそう。あと、もうちょっといいタブレットが欲しいな。iPad mini2、そろそろ限界。


私が食事をしにベッドを抜け出してキッチンに行くと、子が即座に目覚め怒り狂って泣きながら追いかけてくるので、私はベッドでウィダーインゼリーとベビーチーズを食べて空腹を紛らわしている。

ウィダーの類のパック入りゼリー飲料、体調を崩した張本人にはもちろん有効だけど、体調を崩した人を看病する人にも有効。私は食事を抜くとすぐ低血糖で体調を崩すのでこの手の食糧は必需品で、冷蔵庫に切らさないようにしている。


この調子だと明日も外出は無理そうなので、ネットスーパー運用だな。

2018年12月 - 2

夏に比べて仕事はだいぶ落ち着いてきた。

状況はあまり変わっていない気もするが、少なくとも業務量は減って、夜中や早朝にまで仕事をしなくてもよくなった。

途中で休職したチームメンバーは未だ帰ってこず、その分の補充はなく、実質一人回しなことは変わりないが、その点はもう期待してはいけない、ということはさすがにわかっている。

一人でやれる分をきっちりとやり、ひたすら持ちこたえてやっていく以外にはない。



ふと、入社当初の自分は一体何に困っていたんだっけと思い出してみたら、「情報が自分のところまで回ってこないことがあること」で、色んな意味で懐かしく思ってしまった。

当時は日本に技術が複数名いて、顧客のいるサイトの営業からの情報が、チームリーダーや技術リーダー、またはチーム内の一部のメンバーまでにしか届かないことがままあり、最末端で実際に実験を打ちデータを出す人間として、難しさを感じることがあった。

でも、数年後には、あれはとても贅沢な悩みだったんだなあと実感することになった。

あの後、あれだけ人数がいたチームメンバーは全員いなくなって、その仕事は結局私一人で引き継ぐことになったし、今やっている別の仕事でも、技術は私一人しかいない。そのため、「情報が来ない」ことで困るなんていうことは、今は起こり得ない。


昔は、仕事で何か悪いニュースがあると、会社帰りに同じチームの技術数名で飲みに行って、ビールを飲みながら、残念だったーと言い合ったり反省会したり、時には単に愚痴ったりして気持ちの区切りをつけていた。

今は、もはや愚痴る相手すらいないので、口から愚痴も出てこない。

そして、仕事で失敗したときに一緒に残念会をするチームメンバーがいないということは、成功したときに一緒に祝杯をあげるチームメンバーがいないということでもある。

海の向こうの違うサイトの人達が盛り上がっているのをメールや電話会議で眺めつつ、「あー、よかったね。よかったよかった」と一人で思って、返信やコメントはするけど、ほんとうにそれだけ。


私だけでなく、他の人も全員がそのような状況でそれぞれの仕事を回しており、みんなほんとうにタフだなあと思う。

休職中の人のことは、全く他人事とは思えない。私も24歳で入社して、おそらくトータル50年以上は働くことになるのだろうと思うけれど、それだけ長期間働いていたら、休むしかない時期は、その間二度や三度じゃなくやって来るだろうなと思う。