2020年2月 - 2

子のインフルエンザの次は自分が風邪をひいた。

前日夕方から微妙に体調が悪く、夜早めに寝たら、珍しく夜中に目が起きてしまい、何かと思ったら寒くて目が覚めていたのだった。

熱湯を入れてつくった湯たんぽをふとんに入れて寝ているのに、寒すぎて寝られない。比喩ではなく身体ががたがた震えるし、寒すぎて勝手に肩が上がってしまい肩と首が凝る。肩以外も手の甲の関節とか股関節とか、普段なんともないところが変に痛い。夜中に熱を測ったら38.5℃。高熱ではないが、熱の高さがどうこうでなく、自分で自分の震えが止められないのが体力を食ってしんどい。

あまり眠れず朝になり、まだ熱と寒気と骨の痛みが引かないので、インフルエンザかと思い会社を休んでひたすら寝た。が、結果としてはインフルエンザではなくただの風邪だった。まあインフルエンザで5回休みと言われるよりマシだったが、風邪でもしんどいことはしんどい。結局丸2日休んでひたすら寝ていたら、2日目の夕方くらいから熱もがたがたも引いた。

しかしsick leaveを取るのが久々すぎて、システム上でどうやって申請すればいいのかしばらくわからなかった。前回sick leaveを取ったのはたしか2年前で、あのときもインフルエンザを疑ったけどインフルエンザではなかった。寒い時期に風邪をこじらせがちなのかなあ。ここ数年は一年中風邪をひいているような気がするが…加齢ですね。