2019年3月 - 2

なんだかあっという間に2月が過ぎて、3月になった。

2月から仕事のモードが変わったこともあるが、プライベートでも仕事後や土日に色々と動いており、せわしなかった。



最近新しく時間を取られているのが、民間学童の説明会と見学。

3月、4月で予約を開始する学童が多いので、年が明けてからは複数の民間学童保育施設の説明会や見学会に参加してきた。

学童の見学は、小学生たちがその場で実際に過ごしているところを見られないと意味がないので、平日の夕方から夜にかけて見に行く必要があり、となると保育園の迎え前か迎え後に行く必要がある。どちらにせよ仕事を早く終えて行くことになるので、そうするためには早く出社する必要がある。普段から、毎日7時台には会社で仕事を始めているが、見学に行く日はさらに朝型生活になった。


私はフレックス勤務で、上に書いたように朝早めに仕事を始めれば夜は早めに帰ることができる職種なので、うまく調整ができれば区の学童の開所時間でも間に合う。

しかし、夕方から夜にかけての中途半端な時間にヨーロッパやUSとの電話会議が入ったり、終電近くや翌日にならないと東京に戻って来られない国内出張があったり、何なら去年のように1、2週間続く海外出張があったりするので、この先も仕事を続けるためには、シッター利用を継続することに加えて、民間学童との契約もやはり必須であると思われる。

子の小学校入学時に今と同じ仕事をしているかは全く不明ではあるが、契約できるのであれば、契約しておくに越したことはない。



子供ができたとき、妊娠がわかったその週のうちに産院の予約と保育園の抑えに動いたが、それでもなかなか厳しかった。

産院は病院によっては妊娠5、6週でも埋まっていたり、「不妊治療などで既に通院している人優先なので、今すぐ来てくれれば可能性はありますが、一週間後だともう埋まります」と言われる状況だった。


保育園についてはもっと大変で、それだけ早く動き始めて、無認可と認証を5駅以上分、30園くらい申し込んでいたにもかかわらず、結局最初の復職時に入園枠が確保できたのは数駅先にある2園だけだった。認可の4月入園はその年だけでなくその後も複数年全滅した。

入園枠が確保できて、復職時に最初に入園した保育園は、当時住んでいた家から職場と逆方向に電車で数駅行って、さらに徒歩で10分歩いた先にあった。1歳で認可に移れる人のつなぎのためだけのような無認可保育園で就学前までの園ではなく、延長保育も充実していなくて、普通に働くためにはベビーシッターを頻回利用する必要があった。そのため、その後2回も転園し、またその都度家を引っ越す羽目になった。


最初に入ったこの無認可保育園は入園直前に新設されたところで、実質先着順だったので気づいた直後に電話をかけて運よく入園枠を確保することができたんだけれど、入園枠が確保できていたもう1園については、入園の半年以上前、妊娠中でまだ子供が生まれてもいない時点で入園予約をしていた。

入園金と保育料先払い分を合わせて、20万円近い予約金(もちろんキャンセルしても返金なし)を支払っての入園予約。しかも、その予約枠を取るために、まずは見学枠の争奪戦があり、その見学会に参加できた後に、さらに電話先着制の入園予約枠争奪戦があった。

見学会の予約までは、自力で何度かチャレンジしてどうにかこぎつけることができたものの、入園予約が電話先着制となると、正攻法ではかなり成功確率の低い運任せになってしまうと悟った私は、確実に電話をつなげるためには単純に回線数を稼ぐしかないと考えた。それで、その保育園の入園予約申し込み日には便利屋を雇い、複数名にそれぞれ複数台の携帯電話を持ってきてもらって、入園予約開始時刻から、その人達と一緒にひたすら電話をかけまくり、そして数10分後に運よくつながった電話でなんとか入園予約枠を手に入れた。iPhoneの発信履歴って200回がマックスでそれ以上は表示されないんだ、と初めて知った日であった。

まあ最終的にはそこではない別の無認可に入ったので、その予約金という名の入園金や保育料は全て無駄になったけれど、そういう契約で予約しているのだから仕方がない。ほんとうにどの保育園にも入れなかったら復職できないのだ、と考えると、年収の数十分の1の20万円で就業を継続できるのだから、保険としては安い買い物だったと思う。



子供関係でここ数年の間にそんなことがあったので、普段全く計画性のない私でもさすがに学び、保育園の次の民間学童に関してはとにかく早めに動こうと以前から決めており、年明けからの見学ラッシュに至っている。

あの、無駄に熾烈だった保育園入園枠争奪戦のことを考えると、民間学童の予約金はどこもまだまだ良心的だし、そもそも入所枠争奪戦自体もあまり激化していないと感じる。お金を払いさえすれば入所枠を抑えられるだなんて、保活に比べてなんとありがたいことか。そのうち、学童も保育園みたいなことになるのかな。